危機的な状況に追い込まれつつある
放課後等デイサービス

RYDのサービスが、あなたの課題を解決します!

  • 専門的な療育
  • 保護者に選ばれる特徴のあるカリキュラム
  • 加算をたくさん取得できる
  • 実費事業で、新たな売り上げを得ることができる
  • 30日間無料
  • 初期費用なし
  • 月額費用55,000円〜
  • ※1 1年以上契約していただいた方は、最初の30日間(1か月)無料でお使いいただけます。
  • ※2 3年契約していただいた方は初期費用が無料となります。
    (VRヘッドセットやロボット本体等の実費を除く)

放課後デイの現状

右肩上がりといわれていた放課後等デイサービスの市場も、近年では同業他社が増え、利用者(受給者証の発行数)は微増という状況です。近隣の事業所が小学生を奪い合うような地域もあり、特徴を生かした療育と質の高いサービスが求められてきています。

保護者からの声 専門的な療育が必要
職員の声 離職のリスク

RYDの主なサービス

  • ことばのトレーニング
    言語聴覚士(ST)の監修

    幼児・子どもの言語トレーニングは、とても需要があります。しかし、公費で受けられる場所や頻度は限られています。RYDの実施している民間資格を取得することで療育の質が上がり、幼児~低学年の集客が増えるでしょう。

  • ソーシャルスキル・
    トレーニング(SST)

    VRを使ったトレーニングで、職員に負担をかけることなく社会性を身につけるトレーニングが実施できます。就労に向けた中高生向けのコンテンツも充実しています。ライバルの少ない中高生向けの放課後デイがオススメです。

  • 学びの教室(プログラミング教室ほか)

    RYDでは、マインクラフトを使ったプログラミング学習やロボット制作を中心に、動画編集や科学実験、現代アート教室といった、多彩な学びの教材を用意しています。集客から実費事業まで、幅広く対応できるコンテンツです。

2024年に予定されている法改正により、サッカーだけを提供するような放課後等デイサービスは給付費の支払いから外されることが検討されています。つまり、締め出されて事業が行えない可能性もでてきました。
療育とみなされない取り組みを行っている施設は、事業を継続できないリスクに晒されているといっても過言ではありません。

料金表

数年に1度おとずれる給付費の改定も、目の前に迫ってきています。これから、多くの事業所が閉所に追い込まれることでしょう。あなたの事業所は、どのような専門性を取り入れ、放課後デイサービスの運営をしていきますか?

プラン名 初期費用 初月料金 料金(税込み)
ことばの療育 なし 0円 55,000円/月
SST(VR対応) なし 0円 55,000円/月
まなびの教室 なし 0円 55,000円/月
2教材セット なし 0円 99,000円/月
3教材セット なし 0円 143,000円/月

RYDのサービスで
実現可能になること

  • 集客力の著しい向上

    • 児童発達支援の利用者の増加。
    • 小学校低学年の利用者の増加。
    • 保護者の口コミで言語指導ができると広まりやすい。
    • STは全国的にも不足していて採用が困難で、小児を得意とするSTはさらに少ない。
  • 専門的な療育の提供

    • 専門性が無い施設は、今後の運営ができなくなるリスクを回避できる。
    • 職員への負担を最小限にソーシャルスキルトレーニング(SST)を提供することができる。
    • 保護者にとって、就労に向けた取り組みとしてSSTは人気がある。
  • コンテンツの充実

    • 一人ひとりの特徴や、その日の様子に合わせてコンテンツを選び実施することができる。
    • 充実したコンテンツは、バランスがとれた幅広い療育を提供している施設として保護者からの評価が高くなる。
    • 近隣の施設と圧倒的な差別化ができる。
  • 実費事業による経営基盤の安定化

    • 一般の子どもたちを対象に、パソコン教室を開くことができる。
    • マインクラフトなどの人気があるゲームは集客力に長けており、リスクなく実費事業を行うことができる。職員のストックもできるので、盤石な経営基盤を構築できる。
    • 新たな収入を増やせるため、会社の売り上げがアップする。

よくある質問

VRの教材は専門的な知識のない職員様でもSSTを実施できるように開発されたものとなっています。その他の教材も1つ1つに動画での解説を設けており、いずれも専門的な知識/資格は必要ありません。

弊社の専門の人材より、定期的セミナー、説明会を実施しており、ご疑問点はいつでも質問頂けるほか、学びの教室ではオンラインでの授業サービスも提供しています。

VR動画を、没入感をもってご使用いただくためには、専用のVRゴーグルや、スマートフォン用ゴーグルが必要ですが、必須ではありません。プログラミング教材を実施する際も、通常のパソコンをお持ちでしたら追加機材は必要ございません。

弊社で導入、実施のサポートを致しますので、パソコン初心者でも安心してお使いいただけます。